【レポート】台東デザイナーズビレッジで開催!「クリエイターの最新インターネット活用法」


こんにちは、minneスタッフのさおぴです。

 

7/14(木)「台東デザイナーズビレッジ」にて開催したセミナーに、「minneのアトリエ 世田谷」の和田が講師として参加いたしました♪

 

テーマは「クリエイターの最新インターネット活用法」!!


「台東デザイナーズビレッジ」とは、ファッション関連で活躍する企業や若手クリエイターたちが入居する施設として、2004年4月に旧小島小学校の校舎を活用して設立されました。
簡単に説明すると、「3年間入居している間に、作家として独立できるように支援します!」という学校です。

▼「台東デザイナーズビレッジ」公式サイトはこちら
http://designers-village.com/


本日は、そんなセミナーの様子を大公開いたします〜。

 

セミナー直前の和田の様子。胸元にはもちろん、minneで購入したブローチたち♪

 

 続々と作家さまにお集まりいただき、今回、なんと総勢約80名の作家さまが参加!(定員40名のところ、好評のため増席しました。)

 

まずは、台東デザイナーズビレッジの「村長」鈴木淳さんにお話いただきました。台東デザイナーズビレッジとminneについて説明中・・・

 

そしていよいよ、セミナーがスタートです!

 

まずは自己紹介から♪「作家活動アドバイザー」として、毎日minneの作家さんやこれからminneを使いたい方の相談相手として「minneのアトリエ 世田谷」に常駐しています。minneのアトリエでは、定期的に作家さま向け勉強会も開催しています。

 

以前、くらしにまつわる商品を販売するネットショップ「北欧暮らしの道具店」で公開されたインタビューを読むと和田のことがよくわかりますので、ぜひ読んでみてくださいね♪

 

▼【BRAND NOTE・minne編】好きを仕事にする、は楽じゃないから。やり甲斐を支えるアトリエへ。

http://hokuohkurashi.com/note/96956

 

さてさて、今回のセミナーのお題はこちらっ!


 

【インターネット市場の話】
1.インターネット市場の変化について
2.情報発信ツールのトレンド
3.自分にあったマーケットはどこ?

 

【実際に売るときの話】
4.ネット販売で重要なポイント
5.ネットでウケる商品展開

 

【ここで差がつくポイントの話】
6.作家、ブランドのアピールと顧客とのコミュニケーション
7.ソーシャル・ネットワーク活用事例
8.これから生き残るクリエイターとは

 


 

みなさま、気になるタイトルはありましたか?

 

こちらのレポートで全ての内容をお伝えすることができず、大変もどかしい気持ちですが・・・少しでも会場の熱気が伝わると嬉しいです!

 

情報発信ツールのトレンド

 

まず、「Twitter」の活用についてお話しました。

 

Twitter・Facebook・Instagramなどなど、現在ソーシャルネットワークが大流行してます。

これから何かやりたいなあと思っている方は、Twitterをおすすめいたします。

「twitterが無かったらこんなに売れていないと思う」とおっしゃっているminneの人気作家さまもいるほど。

 

というのも、驚きの調査結果があり・・・

お買い物アプリで、最もTwitter利用率が高かったのは、なんと「minne」であると発表がありました。

 

▼Twitterユーザーが最も利用しているショッピングアプリは「ミンネ」

http://eczine.jp/news/detail/3205

 

講義中は「撮影OK」とお伝えし、みなさまのスマホのシャッター音が響きます。

 

現在、minneのアプリは600万DLを突破しています。買ってる方も売ってる方もTwitterを利用し、交流も生まれています!

そのため、Twitterを使うことはすごくおすすめです♪

 

「何を投稿したらいいのかわからない・・・」という作家さまも多いと思いますが、

「展示会の準備が忙しい」「作品作りが大変」など、情報発信する暇がないときこそが、たいていネタがあるときです。


アクティブなときにアクティブな情報を発信しつづけることが大事です!
こういう活動は地道に続けることが大切です。今日始めれば、5年後・10年後にものすごい財産になります。


ただ・・・「Twitterをやれば売れる」わけではないため、Twitterに頼りきっていてはだめだという説明をしたところ、作家さまも大きくうなずいていました。

 

いつ何が起きるかわからないこの時代。インターネットサービスの使い分けをして、流入元を増やす活動をすることも大切です。

 


インターネット販売で重要なポイントとは?

作品が売れる”魅力”の伝え方を研究することが重要です。
自分の作品の、「かわいい!」「素敵!」「伝えたい!」というところを撮ることが大切!

「念・・・のようなものも、必要になります。」とお伝えしたところ、ハッとした作家さまも多いようでした。

 

それでは、作品の魅力を伝えるための写真とは?

 

ポイントをお伝えしつつ、スタッフが撮影した写真の失敗例と成功例をお見せしました。

▼作品撮影で失敗してしまいがちな3要素▼

1.暗い(明るさが足りない)
2.ピントが合っていない
3.背景に余計な要素が多い

 



また、作品の利用シーンはとっっっても大切です!
お客さまは、単に作品を買うのではなく、作品がもたらす価値を購入しています。

 


そして、「作品説明文」で最も重要なことは・・・「想いを伝えること」!みなさま、熱心にメモをとります。

 

写真の撮影も作品説明文も、何度も何度も繰り返し、試行錯誤することが大切だとお伝えしました。
作家さまが「自分で探す体験」が未来への財産になります。

 

あっという間に1時間半が経過し、最後は質問タイムです!

 



■Q&A


Q.アクセサリーの使用イメージの写真を掲載したいのですが、モデルの方が見つからなくて困っています。解決する方法はありますか?


アトリエにお越しいただく作家さんも、モデルさんを探してる方がすごくたくさんいます。
若い子向けの作品を作っているけどお友達にもいないという方で、母校に訪ねていって高校生を紹介してもらったという一例もあります。
足で探すのが難しい+金銭面が大丈夫であれば、モデルエージェンシーに依頼する方がいいかなと思います。
インターネットで探すとしたら、instagramさんなどを探すのもいいかもしれません。読者モデルさんがいる可能性があります!

 

Q.高価格帯の作品はどうしたら売れますか?

インターネットでわざわざ買うのは「希少性」だと思っています。
どこにも売っていないような作品であり、想い・スペックが伝わってくる作品であれば、高価格帯でも売れるのではないかと思います。

Q.ハンドメイド作家とブランドの境目についてどう思いますか?

 

minneは、「ハンドメイド」の価値を上げたいと思っています。
アトリエの勉強会では、作家さんに「ブランドとして活動してください」とお伝えしています。

minneではこれからも啓蒙していきながら、みなさんの活動を後押ししていけたらと考えています。

 

 

そして、セミナーが終了!参加された作家さんの表情が、セミナー前と変わっていたようなな気がします。

その後の交流会でも、「Twitterはじめます!」「写真を撮り直します。。」という作家さまもたくさんいらっしゃいました。

 

今回お話したことは、作家活動のほんの一部とはなりますが・・・

みなさんの愛情がこもった作品をどんどん世の中に広げていきたいと思っておりますので、最大限お手伝いさせていただきます!

 

 

このセミナーのレポートを見て、個別にスタッフに相談したい!という方は、ぜひ世田谷/神戸のアトリエへご予約の上お越しください。

 

1回2時間を目途に、作品やギャラリーを拝見しながら疑問点の相談をお受けしております。

 

▼「minneのアトリエ」詳細はこちら
https://minne.com/minne-atelier

 

また、minneのアトリエのtwitterアカウントでは、作家さま向けの情報をツイートしております。
よかったらこちらもぜひフォローくださいませ♪

 

▼「minneのアトリエ」Twitterアカウントはこちら
https://twitter.com/minne_atelier


 

また、「台東デザイナーズビレッジ」では、9月より平成29年4月度の入居者を募集開始いたします!

入居したい方向けの説明会も行いますので、ご興味ある方はぜひぜひご参加くださいませ♪

 

今後とも、minneをどうぞよろしくお願いいたします。


カテゴリー

アーカイブ

minneのアプリ

   


PAGE TOP