ちょうどいい販売価格のつけ方

 

こんにちは、minneスタッフのまおです。

お気に入りの作品ができあがったあとに、「これをいくらで販売すればいいんだろう...」と迷ってしまったことはありませんか? 

 

今回はかんたんな3つのステップでできる、ちょうどいい販売価格のつけ方をご紹介します!

価格に迷って販売できていない、販売中の作品の価格を見直したいという作家さんは、ぜひ一緒にやってみてください。

 

作品の魅力が伝わる写真の撮り方」、「購入につながる、作品名・説明文の書き方」もあわせてお読みください。

 

 

ステップ1 適正価格を計算しよう

みなさんは作品の販売価格をどのように決めていますか?見栄えや大きさでなんとなく決めてしまうと、作家活動を続けるのがだんだん苦しくなってしまいます。作家活動をより長く楽しむために、自分の作品の適正価格を考えておくことはとても大切です。

 

でもオリジナル作品ですし、適正価格と言われても考えるのがむずかしいと思いますので、販売価格の考え方をおさらいしながら、自分の作品の適正価格を計算してみましょう♪

 

まずは、minneにおける販売価格の基本的な計算式をみてみましょう。

 

1個あたりの販売価格

原価 + minne手数料 + 利益 = 販売価格

 

■原価について

 

まずは作品の原価を調べます。

 

原価とは、以下の項目を全部足したものになります。

 

材料費

・材料を買うのにかかった交通費

・作品を作るのに使った電気代道具代

試作の費用

パッケージ代

・アトリエの家賃水道光熱費

・自分の人件費

 

それをできあがった作品の個数で割ると、1個あたりの原価が計算できます。

 

ポイントは、原価=材料費ではないということ。作品づくりには、そのほかにもたくさんの費用がかかっています。

なかでも忘れがちなのは、作品づくりにかかった自分の人件費です。価値のある作品を制作しているのですから、ご自身がどれくらいの時給に相当するのかをしっかり考えていきたいところです。

 

人件費については迷われる方が多いので、

その場合は、1個あたりの制作時間を計ってみるとよいと思います。

 

大まかな数字でいいので、自分の作品の原価を知っておきましょう。

 

■minne手数料について

 

minneでは手数料として販売価格の10%をいただいていますので、こちらも計算にいれます。

 

■販売価格について

 

一般的に、販売価格は原価の3~4倍が適正と言われています。

 

 

原価が1,500円の作品を、4,500円で販売する場合、

minne手数料は4,500円の10%なので450円になり、利益は2,550円になります。

 

計算式はこのようになります。

 

4,500円(販売価格)-  1,500円(原価) - 450円(minne手数料) = 2,550円(利益)

 

 

minneスタッフの作品で原価を計算してみました

 

作家活動をしているminneスタッフが実際に販売している作品の原価を計算してみました。

 

値付けに迷い、なんとなくで500円で販売しているこちらのminneスタッフsziaoreoの作品
ではこの作品の原価がいくらなのか計算をしてみましょう。

 

 

 

 

材料費(10個つくるとき)

 

1 紙やすり 260円 (1個あたり:7円)

2 石粉ねんど 108円 (1個あたり:10円)

3 つや消しニス 756円 (1個あたり:7円)

4 接着剤 300円 (1個あたり:15円)

5 マグネット 108円 (1個あたり:4円)

6 マスキングテープ 150円 (1個あたり:1円)

7 筆 700円 (家にあったので0円)

8 アクリルガッシュ 230円 (1個あたり:10円)

9 封筒 300円 (1個あたり:3円)

10 梱包材 500円 (1個あたり:3円)

11 透明袋 108円 (1個あたり:1円)

12 色画用紙 250円 (1個あたり:1円)

+

材料を買いに行ったときの交通費 500円

人件費 (1時間1,000円で計算) 8時間

 

計算すると、1個あたりの原価は912円になりました!

 

実際に原価を計算してみたところ、大幅な赤字が発覚してしまいショック...!原因は人件費を考慮していなかったこと。ここを考えていないと自分で自分をタダ働きさせてしまうことになるので、作家活動を長く続けていく上で人件費を考えることは必須だとわかりました!

 

 

 

ステップ2 市場調査をしよう

作品の適正価格を計算したあとは、自分の作品が世の中ではどのくらいの値段で売られているかを実際にお店をまわって調べて、値付けの参考にしましょう。

 

値段をつけるとき、市場調査がとっても大事!ですが、探し方にもポイントがあります。

 

■大量生産品と比べるのはNG

 

安い商品をみて、むやみに価格を下げてしまうはもったいないです。

大量生産品ではなく、自分の作品が同等だと思える商品と比較しましょう。

 

■買ってほしいと思っているお客さんがよく行く場所で探そう

 

渋谷の某大型ショッピングモールならどのフロアあたり、銀座ならどこのテナント、といったように具体的に行動してみましょう。自分の作品が売っていてほしい場所で価格を調べることが重要です。

 

■フットワーク軽く、探しに出かけてみましょう!

 

このように、1個あたりの原価から販売価格を計算する方法と、市場価格と比較してちょうどいい価格を調べる方法の2通りをミックスして、自分が納得できるちょうどいい販売価格を考えてみてください。

 

販売価格を決めたあとで、その価格で購入してもらうために、魅力的な写真は撮れた?説明文はわかりやすい?お届けするパッケージはこだわってる?など、作品をより魅力的にみせ、価格の説得力を上げる方法も合わせて考えてみましょう。



 

ステップ3 値付けについて相談しよう

販売価格を決めても、それが購入してくれる人にとって高いのか安いのかは、わからないですよね。そんなときに誰かに相談して、自分の作品の値付けをどう思うか意見をもらい、販売価格の調整をしてみましょう。

 

値段のことで誰かに相談したい

 

・作家仲間

・自分のお店でよく買い物をしてくれる友人

 

相談する相手は、基本的に自分の作品やブランドに興味のある人にしましょう。

興味のない相手に相談すると、あまり考えずに「高っ!!」と言われて、がっくりきてしまいがちです。

相談相手には、自分の作品に興味がありそうな(購入してくれそうな)仲のいい人か、同じ立場の作家仲間が良さそうです。

 

また、自分だったらこの値段で買うかという客観的な視点で判断するのもおすすめです。

価格設定には思い切った決断が必要です。最後は自分の作品のブランドイメージを第一に考え、決定しましょう。

 

 


 

minneのアトリエでよく相談される値付けのヒントになる話

最後にminneのアトリエでよく相談される内容をご紹介します♪値付けについてのヒントになれば幸いです!

 

 

01.jpg

minneのアトリエでは作家さんの相談も受け付けています

 

無理に値段を上げなくてももちろんOK

自宅や工房の家賃が発生しない環境で制作している、本業の関係で無料で手に入る素材がある、など自分の制作環境ならではの安くできる理由があるなら、それらを活かした価格設定は大きな強みになります。

 

途中で値段を変更してもいいの?

もちろんOK。「これまで買ってくれたお客さんに悪いかも...」という声もよく聞きますが、長く作家活動を続けるためには必要な場合もあります。もしどうしても気になるようだったら、ギャラリーの写真を一新するなど大きな変化を出して、価格を変える説得力を押し出してみるのもいいと思います。

 

リピーターを獲得しましょう

通販で買ってくれるお客は、「あなたのお店で買いたい人」「気に入ればどこでもいい人」の2通りいます。よりたくさんの人に作品を届けるためには、「あなたのお店で買いたい人」を増やすことが大切です。

 

作品のカテゴリを作り変えるとうまくいくこともあります

例えば、「マグネット」を「ブローチ」に変えたり、価格帯の高い「インテリア」に作品を作り直したらどんどん売れるようになったなど、販売価格は変えずに作品のカテゴリを見直すことでうまくいくこともあります。


 

いかがだったでしょうか。

販売価格でお困りの作家さんには、今回の内容を参考にしていただければ嬉しいです。

minneのアトリエでの販売価格のご相談ももちろん大歓迎です♪

 

これからも作家のみなさまの素敵な作品をお待ちしています!

 

 

 

※この記事の一部は『minneの売り方講座』の内容を参考にしています。


カテゴリー

アーカイブ

minneのアプリ

   


PAGE TOP